ウェディング業界を目指すあなたへ

はぴねすウェディング

ウェディング業界を目指すあなたへ

ウェディングプランナーは、今や人気のお仕事。
ウェディングプランナーになることを夢みて頑張っている方たちがたくさんいます。
このページを見ているということは、あなたもそんな1人でしょうか?

わたしは以前、ブライダルプロデューサー(ウェディングプランナー)をしていました。
業界のてっぺんまでのぼりつめたわけでもない。
何十年も働いたわけでもない。
そんな、元プロデューサーが偉そうなことは言えないのですが。
ウェディング業界を目指すあなたに、ちょっとだけエールを送らせて下さい。

ウェディングプランナーってどんなお仕事?

ウェディングプランナー、ブラダルプロデューサー、ブライダルコーディネーター。
いろいろな呼ばれ方がありますが、一体どんなお仕事なのか?

一言でいうと、カップルが思い描いている結婚式を実現させる仕事です。

華やかな仕事?地味な仕事?

「夢のあるステキな仕事ですね」とか「華やかな職場ですよね」とよく言われますが、
ウェディングプランナーの仕事って、意外に地味なんです。
「結婚式の黒子」なんて表現されることもあるくらい裏方の仕事ばかりで、
決して自分にスポットライトがあたることはありません。

また、正直なところ、ウェディングの仕事というのは決してではありません。
体力的にも精神的にもキツイです。(かなりキツイです。・・・ホントに。)

マイナス面を先に挙げてしまいましたが、ご安心を。
いいこともちゃんとあります!

とっておきのご褒美

幸せなカップルをサポートし終えた仕事への充実感はひとしおですし、
「ありがとう」「素敵な結婚式ができた」と感謝されたときの喜びは、何ものにも変えがたい喜びです。
また、この仕事ならではのとっておきのご褒美があるんです。
それは、結婚式当日の笑顔。

幸せそうな新郎新婦の笑顔。
嬉しそうなご家族の笑顔。
結婚式を楽しんでくださるゲストの方々の笑顔。

苦しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと.....
どれだけマイナス要素を抱えていても、この笑顔ですべてが帳消しです。
「今日にでも辞めてやる!!」と思っていても、「明日からもまた頑張ろう」と思えてしまう。
そんな不思議な力を持った笑顔。

辛いこともたくさんある仕事ですが、この笑顔がある限り、やっぱり幸せな仕事ですね。

ウェディングプランナーは自分自身が商品

ウェディングプランナーは自分自身が商品です。

多くの会場を下見するカップルにとって、挙式会場や披露宴会場といったハード面だけではなく、
下見に行ったときに接したスタッフとの相性も重要です。
また打合せがはじまれば、カップルが頼るのはウェディングプランナーであるあなたです。

「○○さんがいるから、この会場に決めました」
「○○さんに担当してもらって、本当によかったです」
そんな言葉をいただけたら、ウェディングプランナー冥利に尽きると思いませんか?

商品である自分自身を磨く

そのためには、ウェディングプランナーになる前も、なってからも、
自分自身を磨き続けなくてはなりません。

「自分自身を磨き続けるのは大変・・・」と思いますか?
自分自身を磨き続けるということは、いつまでも輝いていれるということ。
いつまでも輝いていられたら、ステキだと思いませんか?

ウェディングプランナーは、年齢を重ねることがマイナスになるどころか、プラスになる仕事です。
また、結婚や妊娠・出産もマイナスではなく、プラスになる仕事です。
そういった意味では、女性にとって長く続けられる数少ない職種といえます。

ウェディングの基礎を学ぶ

カップルが思い描いている結婚式を実現させるためには、
衣裳、ヘアメイク、お花、写真、司会、音響など、幅広い知識が必要になります。
また、結婚式のマナーや結納のことなど、知っておかなくてはならないことも、山ほどあります。

わたしは、とくに勉強をしたわけでもなく、資格も持たない全くの未経験でブライダルの世界に飛び込みました。
もちろん、わたしのように全くの未経験でウェディング業界に飛び込むことも可能ですが、
ヒューマンアカデミーバンタンキャリアスクールのような各種専門学校やスクールで
上述のようなウェディングの基礎知識を身に付けるのが一般的です。

わたしは全く知識がなかったので就職後とても苦労しましたし、不安に陥ることも多々ありました。
ですから、ある程度の知識をつけてからウェディングの世界に飛び込むことをオススメします。
ウェディングの基礎から応用まで勉強して知識を持っていたほうが、
自分の自信にもなりますし、就職や実際に仕事をしていくうえで大きな武器になると思いますよ。 ウエディングプランナーになりたいっ!★ヒューマンアカデミー★ プロを目指せるカリキュラムが充実!バンタンキャリアスクール(ヘアメイク学部にウェディングプランナーコースがあります。)

知識はあくまでも知識

でも、知識をつけたからといって、頭デッカチになってしまわないでくださいね。
知識はあくまでも知識。
実際に仕事をはじめてからも、仕事に対しての情熱や、
日々努力し、勉強して成長しようとする姿勢、
新郎新婦の幸せそうな笑顔を見たときに自分も感動し祝福できる、
そんな豊かな心を忘れないでください。
それを忘れなければ、きっと素敵なプランナーになれますよ。

最後に

あなたがウェディング業界で働けるよう、素敵なプランナー(プロデューサー、コーディネーター)になれるよう、
心からお祈りしています。頑張ってください!

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典