結婚式のご祝儀のマナー,表書きと中袋の書き方について。

結婚式お呼ばれマニュアル

ご祝儀のマナー

ご祝儀は、挙式前の吉日の午前中に自宅に届けるのが正式なしきたりでした。
しかし、お互いに負担が大きいため、現在では挙式当日に持参するのが一般的です。
挙式前に新郎新婦と会う機会があるのなら、そのときに渡してもいいかもしれません。

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋 ご祝儀を入れる袋は、「一度きり」という意味をもつ「結びきり」のご祝儀袋を。
蝶結びは「何度も繰り返されてほしい」の意味なので
婚礼にはふさわしくありませんから、注意してくださいね。

市販されているご祝儀袋のデザインは、シンプルなものから豪華なものまでいろいろ。
どれを選ぶか悩んでしまいますが、ポイントは贈る金額とデザインのバランス。
一般的に、贈る金額が高くなるほどご祝儀袋は豪華なものを選びます。
どのご祝儀袋にするか迷ってしまったときは、
ご祝儀の100分の1程度の値段のご祝儀袋を選んでみてください。

最近では、ハンカチや手ぬぐいでできているご祝儀袋も。
ハンカチや手ぬぐいでできているから、紙のようにゴミにならず、相手にずっと愛用してもらえます。
お金だけでなく、小さなプレゼントをと思う時にぴったり!
インターネットや雑貨店で取り扱いがあるので、ぜひチェックして。

ご祝儀の表書きのマナー

表書きは、毛筆、筆ペン、サインペンを使い、濃い墨で丁寧に楷書体で書いてください。
ボールペンや万年筆の使用や薄い墨で書くのは仏事の書き方で、失礼にあたるので注意してください。
表書きは、「寿」「御結婚御祝」「御祝」とします。

ご祝儀袋

個人名の場合
表書きは水引の結び目中央上に、
名前は結び目中央下にフルネーム(姓と名)で書きます。
名前は「寿」「御結婚御祝」「御祝」などの表書きより
やや小さめに書いてください。

ご祝儀袋

連名の場
年長者の名前を水引の結び目中央下に記入し、
順に左側へ名前を書いていきます。
連名は3名ぐらいが限度です。
地位・年齢の関係がない場合は五十音順でOK。

ご祝儀袋

グループの場合
人数が多い場合は、代表者の名前を水引の結び目中央下に記載し、
左横に「外一同」と書きます。
代表者以外の方の名前は、半紙や奉書紙などに書き止め、中包みに同封します。
その際、右側に年長者並びに地位の高い方の名前を記入し、
順次左側に記載していきます。

上下の重なりに注意!

ご祝儀袋 袋の裏の重なりは、要注意です。
お祝い事では「喜びは天を向く」という意味から
上向き(下側を上にかぶせる)にします。
弔事では「悲しみはうつむく」という意味から下向きにするので、
間違えないように注意してくださいね。

中袋の書き方

ご祝儀袋 中袋の表面中央に金額を、裏面左下に住所、氏名を書きます。
「住所も書かないといけないの?」と疑問に思われたかもしれませんが、
ご祝儀を整理するときに便利ですので、なるべく住所を書いておきましょう。
金額、住所を書き込む場所が印刷されている中袋もあります。
その場合は、印刷に従って書いてください。

市販の祝儀袋にはほとんどの場合、お金を包む中包みがついていますが、
ついていない場合は、半紙や奉書紙で包むといいと思います。

漢数字の書き方

漢数字の書き方は、以下を参考にしてください。
昔は「参萬圓」のように難しい方の漢数字を使いましたが、
現在ではそれほど気にする必要はないようです。

金 額 書き方
10,000円 一万円 壱萬円 壱萬圓
20,000円 二万円 弐萬円 弐萬圓
30,000円 三万円 参萬円 参萬圓
50,000円 五万円 伍萬円 伍萬圓
100,000円 十万円 壱拾萬円 壱拾萬圓

>> 次のページでは、袱紗(ふくさ)の使い方について解説します。

関連記事
スポンサー