使える結婚資金はいくら?結婚費用の内訳は?結婚資金と結婚費用について

結婚準備マニュアル

結婚費用と結婚資金

そもそも結婚費用って、どんな費用なんでしょう?

  • 結納・婚約の費用
  • 挙式・披露宴の費用
  • ハネムーンの費用
  • 新生活の費用

この4つが結婚費用に含まれます。
統計によると、挙式・披露宴の費用は平均250万〜300万円。
結婚総費用は、平均500万〜550万円です。

平均金額を見る限り、結婚式には多額の費用がかかっています。
でも、お金をかければよいものができるというわけではありません。
人それぞれの費用のかけ方があるはず。

「挙式・披露宴は一生の思い出だから、ケチケチしない!」というカップルもいるでしょう。
「イベントにお金を使うくらいなら新生活にたっぷりと費用をまわしたい!」というカップルもいるでしょう。
お金を使わず、アイディアで勝負することもできます。

結婚式で一番お金をかけたい項目は何?

下表を参考に、おふたりらしいお金のかけ方を考えてみましょう。
一番お金をかけたい項目はなんですか?

項 目 平均額
結納・婚約 結納・会場費 12.2万円
両家顔合わせ・会場費 5.5万円
婚約指輪 35.5万円
挙式・披露宴 結婚指輪(2人分) 19.9万円
挙式、披露宴(披露パーティー)総額 317.4万円
ハネムーン 旅行費用 53.6万円
お土産代 12.9万円
新生活 インテリア・家具の購入総額 56.6万円
家電製品の購入総額 53.7万円
嫁入り道具としての着物の購入総額 134.7万円
嫁入り道具としてのパールの購入総額 31.3万円
賃貸費用 敷金・礼金 31.3万円
引越し費用 6.2万円
※ 「ゼクシィ結婚トレンド調査2008」(全国・首都圏版)より
リクルートデータライブラリー「結婚・出産・育児」

使える結婚資金はいくら?

結婚資金としては、以下の3つが考えられます。
「ふたりの貯蓄」「親・親族からの援助」「ご祝儀」
ふたりの貯蓄がまったくなかったり、
親・親族からの援助が期待できなかったり、
使える資金は人それぞれですよね。

ご祝儀のみで結婚費用をまかなおうと考えているカップルもいるようですが、
結婚式にかかる費用は1週間前〜前日に支払うのが一般的。
ご祝儀の大半は結婚式当日にいただくので、ご祝儀で支払うことができません。
ご祝儀でまかなうにしても、前もって資金を用意するのを忘れずに。

一部の会場では当日清算が可能です。
「どうしても・・・。」という時は、会場の担当者に相談を。
当日清算の場合でも、総額の半分くらいは前もって支払わなくてはならないことがほとんどです。

親・親族から援助をしてもらう?

親・親族からの援助があったカップルは78%。
結婚年齢が若いほど援助を受けているようです。
ゼクシィ結婚トレンド調査によると、援助金額は年々増加傾向にあるんだとか。
親・親族からの援助、ご祝儀の全国平均額は下表のとおり。

項 目 平均額
親・親族からの援助 総 額 199万円
ご祝儀の平均額 友人・同僚 2.9万円
上 司 3.7万円
親 族 5.9万円
恩 師 3.5万円
※ 「ゼクシィ結婚トレンド調査2008」(全国・首都圏版)より
リクルートデータライブラリー「結婚・出産・育児」

誰がどれくらい結婚費用を負担する?

「男性と女性、どちらがどれくらい費用を負担するのか」という質問をよく受けます。
残念ながら、これには決まった答えがありません。

ゲストの人数で比率を決める場合もありますし、折半の場合もあります。
また、ドレス、ブーケ、エステなど女性にかかる費用は女性側で負担することもあります。
ケースバイケースですから、おふたり、そしてご両親も交えてしっかりと相談を。
結婚前後にお金のことでもめるのが、一番ツライですからね。

結婚費用を安くするコツ

挙式、披露宴(披露パーティー)費用を安くあげるコツは・・・。
「できるだけ安くしたい」という意思表示をはじめからすること。
そして、こまめに見積りを作成してもらうことです。

見積りが予算をオーバーしていたら。
おふたりのこだわりやコンセプトに重要な部分を残して、あとはカットしましょう。
頑張って予算を工面するよりも、削れるものをカットする方が、
こだわりやコンセプトが明確なおふたりらしい結婚式になりますよ。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典