結婚招待状が届いたけれど、いつまでに返信すればいい?結婚招待状返信のマナー。

結婚式お呼ばれマニュアル

結婚招待状の返信

結婚式の招待状をもらったら、なるべく早く出欠確認の返事を出すのがマナー。
新郎新婦の立場になれば、すぐに返事をもらうのはやっぱり嬉しいもの。
お祝いの言葉を書き添えて、2〜3日中にお返事をできるとベストです。

遅くとも、指定された期日にはハガキが到着するようにしてください。
お料理や引出物、席次(配席)は出席人数がハッキリしてから手配するもの。
期日になってもゲストの出欠が確認できないと、関係者に迷惑をかけてしまいます。

結婚招待状のこんなときどうする?

電話やメールで返事をしてもいい?

仲が良い友達や親戚が結婚する場合、まず電話やメールで結婚が決まった旨の連絡があるかと思います。
その連絡で出席すると返事をしていたとしても、招待状に同封されている返信ハガキは必ず出しましょう。
ゲストの出欠を確認する作業は、本人たちがするとは限りませんし、
返信ハガキは新郎新婦の思い出の品にもなります。

すぐに出欠の返事が出来ない場合

仕事や家庭の事情で、すぐに出欠を決められない場合は、
電話で新郎新婦と連絡を取り、返信が遅くなる旨を伝えましょう。
その後、予定が決まったら返信はがきを出します。
招待状に記載されている返信期限までには、必ず返信を。
出席できるかわからないからといって、ほっておかないでくださいね。

欠席する場合

欠席の場合は、あまり早く返事をするとかえって失礼になってしまいます。
あまりにも早く返事をしてしまうと「招待したらいけなかったかな」「嫌われてるのかな」
なんて新郎新婦にいらない心配をさせてしまうことも。

まず、新郎新婦に電話でスケジュールを調整しているということを伝えておきます。
その後、少し時間をおいてから返信はがきを出しましょう。
はがきには、お詫びとお祝いの言葉を書き添えてくださいね。

ちなみに「返信がない=欠席」とはなりません。
はがきは必ず返信するようにしましょう。

>> 次のページでは、返信ハガキの書き方について解説します。

関連記事
スポンサー