結婚披露宴の手作りプチギフト:フォーチュンクッキー | ウェディンググッズ手作りレシピ

はぴねすウェディング

フォーチュンクッキー

「フォーチュンクッキー」とは、アメリカ生まれのチャイニーズスイーツ。
アメリカの中華レストランでは必ずと言っていいほど食後にこのクッキーを渡されます。
薄いクッキーの中にはメッセージが入っていて、今日の格言やラッキーナンバーが書いてあります。
フォーチュンクッキーは、「おみくじクッキー」「占いクッキー」とも呼ばれています。
フォーチュンとは宝くじや未来の幸運という意味です。

フォーチュンクッキーの作り方

[ 材料(約15枚分)]

  • 薄力粉・・・20g
  • グラニュー糖・・・40g
  • 卵白・・・1コ分(約30g)
  • 無塩バター・・・25g
  • バニラエッセンス・・・少々

[ 準備 ]

  • 卵は常温に戻しておく。
  • バターはレンジで温め、溶かした状態にしておく。
  • オーブンを170〜180℃にあたためておく。

[ 作り方 ]

  1. メッセージを書いた紙を用意する。
  2. ボールに卵白を入れ、泡立て器で白い泡が立つ程度にほぐし、グラニュー糖を加えて、混ぜ溶かす。
  3. 薄力粉をふるい入れ、手早く粉っぽさが無くなるまで混ぜる。
  4. 溶かしバターを加え、全体がなめらかになるまで混ぜる。
  5. 天板にオーブンシートを敷き、大さじ1/2くらいの生地を落とし、スプーンの背で直径8cm程度に丸く薄く広げる。
  6. 170〜180℃に温めたオーブンで5〜6分。周りがキツネ色になるまで焼く。
    (焼き上がったら熱いうちに型を付ける作業をするので、一度に焼く枚数は少なめに。)
  7. 焼き上がったら、まだ熱くて柔らかいうちに、メッセージを書いた紙を中心に置き、
    手早く2回折りたたむ。
    非常に熱いので、手袋をして作業する。

[ 一言メモ ]

  • 抹茶やココアパウダーを加えるとマーブル模様が作れますよ。
    抹茶やココアパウダーを加える場合は、加えた分だけ薄力粉の分量を減らしてください。
  • 焼きたての生地はふにゃふにゃですが、オーブンから出してしばらくするとすぐに硬くなってしまうので、すばやく曲げましょう。
    硬くなってしまった場合は、再びオーブンに入れて温めると作業がしやすくなります。
  • 火傷しないように十分に注意してくださいね。

フォーチュンクッキーを使った演出

プチギフトにフォーチュンクッキーを使うと、ちょっとした演出ができます。
お色直し後の再入場でプチギフトを配るなら、当たりつきフォーチュンクッキーはいかが?

  1. キーワードが入ったフォーチュンクッキーをゲストの数だけ作ります。
    (手作りが難しい場合は、中華街などで購入できますよ。)
  2. 当日、お色直し入場の際に、フォーチュンクッキーをゲストひとりとりに手渡していきます。
    (司会者からフォーチュンクッキーの説明とすぐ開けないように伝えてもらいましょう。)
  3. 配り終わったら、一斉にフォーチュンクッキーを開けてもらいます。
  4. 司会者、もしくは新郎新婦おふたりから当たりのキーワードを発表します。
  5. 当たった人にプレゼントを渡したり、スピーチをしてもらいます。

披露宴の締めくくりにプチギフトを配るなら、ゲストへの感謝のメッセージを書いておくGOOD!
メッセージを書く紙やラッピングのリボンを色違いにしておけば、
数種類のメッセージを作っても、間違うことなく渡せるはず。

また、席札と一緒にフォーチュンクッキーを置いておくのも粋な演出です。
ウェルカムスィーツとしてゲストに召し上がっていただくと、中からメッセージが.....。
メッセージは「来てくれてありがとう」「楽しんでください」といった言葉がオススメ。

関連記事
スポンサー
記事検索
人気コンテンツ
モノMONO情報局 ウェディング用語辞典